法人向けデスクトップ型パソコン

業務に適したパソコンの性能について

法人向けパソコンは事務仕事や大容量のデータの送受信などを多く行うことから、求められる性能も家庭用のパソコンとは異なります。特に容量の大きさは業務の効率性に直結する重要な事柄なので、法人向けパソコンは容量に余裕を持たせた製品を選ぶのが普通です。また、メモリーの増設が容易に出来ることや、消耗品であるハードディスクの交換も可能な作りになっていることも法人向けパソコンに求められる条件の一つです。ファックスやコピー機などのOA機器との連動も法人向けパソコンには当たり前の機能なので、拡張端子が標準搭載されている機種を選ぶことを心がけます。複数のOA機器との連動には更に容量に余裕を持たせることが大切なので、仕事に関係の無いソフトが入っていないシンプルな性能であることも必須条件です。

デスクトップ型パソコンが法人仕様に適している理由

近年では無線LANの普及により、持ち運びが出来るノート型パソコンの普及率が上がっています。オフィスでもノート型パソコンを導入するケースが増えていますが、業務の質を安定させるためにはデスクトップ型パソコンが向いています。デスクトップ型パソコンはメモリーの増設をはじめとするカスタマイズが容易なので、業務の内容に合わせてパソコンを最適な状態に維持することが出来ます。また、同じ性能であればデスクトップ型パソコンの方が安価なので、複数の機器をまとめて導入することが多い法人向けパソコンには最適です。ノート型パソコンはカスタマイズが困難で価格も割高なことから、個人で所有するには最適ですが同一性能の機器を複数台導入する法人向けパソコンには適していません。