法人向けノート型パソコン

法人向けのノート型パソコンの特徴

ノートパソコンには、個人向けの製品と法人向けの製品があります。皆さんご存知の市場に流通しているノートパソコンの大半は個人向けのものです。個人向けのノートパソコンは家庭で使用するのに適したソフトウェアがインストールされています。対して、法人向けのノートパソコンには余計なソフトがインストールされていません。法人向けのノートパソコンはビジネスに使用するものなので、ビジネスに必要ないものは省かれています。余計なソフトがないため、SSDやHDDの容量も圧迫されませんし動作も軽快です。また、法人向けのノートパソコンは、堅牢な造りをしているという特徴もあります。機体の材質にはABS樹脂やプラスティックなどが使われており、衝撃に強いです。ディスプレイも長時間使用しても目が疲れないように、非光沢ディスプレイが採用されています。

カスタマイズとサポート

用途別にラインアップが取り揃えられているのも法人向けのノートパソコンの特徴です。薄型軽量で持ち運びやすいモバイルタイプ、社内で使用するのに適したスタンダードなタイプ、クリエイティブな業務もこなせるコンテンツ制作に適したモデルなどがあります。法人向けパソコンは、個人向けのものに比べるとカスタマイズの選択肢も多いです。ノートパソコンの頭脳にあたるCPUのグレードが選択できたり、記憶装置はSSDかHDDのいずれかを選べるようになっています。メモリの容量を増やすなどのカスタマイズも可能です。企業がノートパソコンを導入して、長く使用していけるように配慮もされています。個人向けのものは保証期間が1年間なのですが、法人向けのノートパソコンは2年、3年、5年などサポートを延長できます。